「Rooliez coneqt next」苦戦&快楽でした。

以前花井さんが開催したエーバーサスで知り合ったボカロ仲間に誘われ、2/3に東京のアニソン・ボカロバトルに行ってきました。

形式

これはアニソンサイトとボカロサイトに分けてフルトーナメントで予選をし
各ジャンル4人ずつ勝ちあがった本選ベスト8以降は曲のジャンルはシャッフルで戦わせるという形式でした。
本当に強敵だらけで、決勝で当たったあみちゃんなんか現時点ですでに勝てない恐ろしさ。
ただ個人的なべストバトルはテルミヌス・エスト戦だった。あの戦いは本当に拮抗していてジャッジも5分程悩んだ末の延長戦だったので、色んな歓声が上がりましたが、バトっていた本人2人が一番楽しく、そして熱く燃え上がっていたと思います。

best 8

テルミヌス・エスト戦

best 4

ソルト戦

final

あみ戦

サブコンテンツ

他にもサブコンテンツで「King of figter`s形式 3on3」がメンバーくじ引きのシャッフルで行われ、
こちらもかなり盛り上がっていた。
優勝はKENYA/SOLT/HIGEチームでした。

HIGEさんの優勝コメントが面白かったですね☆

SHOWCASE

showcaseは「せんごく」「taitsu aka Downy」「ココリーヌ」

「せんごく」さんは相方が来なかったのか、2人でやるはずだったショーを一人で最後まで頑張りました。3分間の長丁場ご苦労様でした!そして3分があっという間と感じさせる圧巻のPOPスキルでした!

「taitsu aka Downy」はニュースクールの独特な重いねばりのあるかっこいいノリで「砂の惑星」を踊り切ってくれていました。雰囲気だけでかっこよさを完全に体現したスキルが印象的でした。

「ココリーヌ」は若干13歳にしてシャルルの大人の恋愛をJAZZで表現しきってくれました。ジャズはストリートダンスと同じ芸術でも「美術」に属するので、例えばどれだけエロい格好や動きをしても、美しさの方に捉われてしまうようなダンスが肝で、カワイイ女性アナウンサーが自分の可愛さが目に入らないように仕事に努めるように、JAZZダンサーもそれに心懸けなければならないのですが、それを見事に完遂出来た「ココリーヌ」さんに称賛を送りたい。

そしてゲストショー「ズッコケ三人組」でした!!

本当にこれまで見てきたどのショーよりも構成も振りも全体としてのクォリティモ断トツ一位でした。
これほど満足できたショーケースがないという位。
勿論これは私自身の好みとショーの主旨がガッチリ合い共鳴したからこその事で、他のショーケースを否定すると言った感情ではございません。

最後にひとりごと

実はSOLT君とは初対面だが名前が何故か聞いた事があるなと思ったら、彼は以前私が心理学のDVDを出した際に購入してくれた貴重な4名の中の一名だったのです。
本当に嬉しい事なのですが、逆に恥ずかしすぎて穴があればに入りたいとなりました。w

そしてみんな上手すぎて本当に勝ったと思えたバトルはなく、
勝てたのは本当に運だと思いました。
それでもやっぱり優勝できたことはとても嬉しい。

あとジャッジのダイさんというポッパーの方に「一回戦の一歩がカッコ良すぎて、僕はそういう一歩目がカッコイイ人が好きなんです。」という言葉が本当に自分のTOPROCK KINGDOMの信念をそのまま褒め言葉として言って頂けたので本当に嬉しかったです。そしてもう一人のジャッジのゾマさん、手術成功おめでとうございます。

あとDJのOHASHI DISCOさんも凄腕でしたね!
DJタイムの「Great Days」は本当に最高でした。(完全に個人的趣味)
そしてMCのにくさんもナイスMCで、何やら昔BGIRLだったとか、是非今度ブレイクでサイファーして見たいですが、実はヨガのイントラらしいので、今度モノホンのチャクラの練り方をガチで教えて貰おうかと思います。w

そんな感じでとても楽しいイベントでしたので、また是非行きたいと思うのですが、
一度優勝したダンサーはもう出場禁止のようなので、次回はshowcaseとして割り込んで入って行きたいと思います。

主催者のikemaさん、そして当日関わった皆さん、本当にお疲れ様でした。

-アニメ, イベント, ダンス, ボカロ
-, , , , , , ,