• フラッシュモブ
    フラッシュモブ始めました
9

私がかつてライバル視していた男①「指使いの黒魔術師」

2017/11/03

本当に自分のブログだから話すんだけどね。俺にはかつてライバル視していた男がいたのだ。今からこれを話すとバッシングを受けるくらいもう遠い存在になってしまったんだけどね。でもいいんだ。ブログなのだから。w

彼の名はNARI

今や世界ナンバー1のDigits使いとして知られる男だが、彼ははるか昔から四次元生命体のオリジナルにしてオープニングメンバーであったのだ。初見はOCATで開催された10代3on3バトルで、同世代で明らかに他のBBOY達のソレとは超越していたダンスをしていた。聞けばKNITさんからダンスを習っていたという。つまり同門と言う事もあり、私のハートにさらなるこの男を倒したいという想いが募ったのだった。

彼はDigitsの世界に

もともとマニアック気質の彼はDigitsの世界に飛び込み、そしてもともと持っていた独創性にてDigits界世界的権威ともいえるDark Matterに加入し、ついにはDigitsの世界大会で優勝を果たす事となる。(ちなみに四次元生命体のリーダーのKORIは世界二位を果たしている)

今はプロとして活躍

彼は今や世界で唯一無二のダンサーとなり、X TRAPというチームで世界中で活躍をしている。 ちなみに私はDigitsどころか、タットすら出来ないくらいサビついてしまったので、もう今は素直に一ファンと仲間として応援をしている。

なんとAsia's Got Talentにも出演

驚くべきはTVでも大活躍で、それが海外ともなれば尚更驚かざるを得ない。 そして映像を見て貰えば分かるのだがスタンディングオーベーションなのだ。 海外のステージでも堂々としているあたりはさすが王者たる振る舞いと言えよう。

アンダーグラウンドから離れた訳ではない

勿論アンダーグランドでの活動も健在、つい先日あのJ-Smoothとのエキシビジョンはその場に居たモノならわかると思うが手に汗を握ってしまう位見る者を興奮と魅了をさせたバトルだった。

四次元には未だに根強いファンがいるようだ

ここにNARIKORI、そして光栄な事に私もPICK UPされている。↓
ブログ主に感謝です。

マニアックすぎて理解できない。最近流行っているタット(Tutting)ダンスの紹介

https://heyshoworldwide.com/2015/03/tut/

今後の活躍に乞うご期待

なにわともあれ、昨日の記事でも書いたが、プロを目指した事のある若き十代の頃の自分は、これだけ世界の大舞台やメディアで活躍するプロフェッショナルとかかわれるなんて想像もしていなかっただろう。w ちなみに彼とはダンス以外のマニアックな所で意外と話が合ったりする事もある。w そういえばアレについて彼に聞いておきたい事もあったから、今度1月のLoud Minorityのあとの打ち上げが今から楽しみで仕方がないぜ。 (アレ?ライバルとは一体なんだったのか・・・w)

PR

梅田 なんとかナイト VOL.1

■6月27日 (毎月 最終水曜日)

■MC Bigphill
■DJ Gentle
■DJ Minoru Japan

■19:00 ~ 23:00 ボーカロイド 2on2
■ボカロ ジャッジ
Wutan AirReal
Penny 明石ブレイカーズ
hisao

■23:00 ~ 05:00 フリースタイル2on2
■フリースタイル ジャッジ
YUJI OLD MAID
ゆんこ 明石ブレイカーズ
公理 四次元生命体

6月27日(毎月 最終水曜日)の夜~朝まで空けていただけるようにお願いいたします。

-@Bigphill, 日記
-, , ,