• youtube ユーチューブはじめました
maxresdefault

Tight Eyez インタビュー 「最初からKrumpはHIPHOPではないと言っている」

今,世界ダンス界で一番騒がれているのはやっぱりこの事ではないでしょうか?☟

全体のあらすじ

クランプの大会でのエキシビジョンバトルでKrunperTight EyezBBoy Juniorを蹴った事で物議を醸している。 BBOY界では御法度のボディタッチはKrumpでは普通で、当初はTight Eyezへ非難が行ったが、今はその意識のすれ違いへのフォローが足りなかったイベンターへ非難が回っているようだ。

紳士的な態度で評価されるBBoy Junior

18:25 の所から☝

「 ただただ文化が違うだけ、蹴られた事はビックリしたけど、

俺は大丈夫、それより相互理解をしていこう!」

Tight Eyezはバトル後の感想をインタビューでこう語っている

Juniorには悪い事をしたと思っている」

  • これは俺とJuniorのバトルだ。
  • これはカルチャーの違いでそれはJuniorもバトル直後のコメントで言っている
  • 俺個人はJuniorに対して悪い事をしたと思っている。
  • 実際に謝って、バトル後に握手し和解している。
  • これは意見の相違によるすれ違いにすぎない。
  • バトル後には相互理解を果たしている。

批判をした人に対して

  • 障害者を蹴るなというが、彼はモンスターだ。
  • クランプHIP HOPではない、最初から言っている事だ。
  • バトルから72時間、多くの人から非難を受けた、「お前は悪党だ」「殺してやる」とも言われた。
  • それはHIPHOPじゃないと言っているが、じゃあ、その非難する事はHIPHOPなのか?
  • 前提としてHIPHOPではないと言っている。    
  • もしジャッジメントをしたい時はまず前提から勉強して直してほしい

最後にこう締めくくっている

「これは俺とJuniorとの間の問題であって、HIPHOPどうこうではない。

だから放っておいてくれ。

個人的見解

まず「放っておいてやれ」というのは、私も同意見です。

蹴った事には最初私も驚きましたが、しっかり2人の間で解決したのなら問題はありません。
HIPHOPに与えられた定義が「平和、団結、愛、楽しむ」であれば、間違いを犯した人間を非難するのではなく、相互理解をした上で、間違いがもしまだある様なら正すのではなく導く事をすればいいと、私は思います。

コメントとインタビューを見る限り、当事者の2人もそれを良くわかっているのではないでしょうか?
Tight Eyezは反省すべき点はしっかり反省していて、理解不足から来る心のない言葉で傷づいているようにインタビューから感じます。

あとは、騒ぎを広めるような動画(コラ画像)や「HIPHOPとはこうだ」とエラそうに言って最終的にどちらかを標的にして批判をする事は、人をダシにして自己満足に浸っているに過ぎず、一つ間違えるとその人の人生をひっくり返しかねないので、実際にあった事実を広める事自体は問題ないですが、可能であればイエス・ノーのどちらかのジャッジメントで終わらせる形での情報拡散は控えてほしいと願うばかりです。

しかしながら、実際にこの事件が起きるまでのバトルは本当にエキシビジョンに相応しいエキサイティングなモノでした。後半まますキレがましていくTight Eyezのダンスはやはり流石Legendというべきモノだったではないでしょうか。最終的にあまり気持ちよくない結果に終わってしまいましたが、やはり両者に多大なるリスペクトをお送るに相応しいLegendに違いないと、そう思います。

-@Bigphill, ダンス
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,