• youtube ユーチューブはじめました

ついに明かされるデスシティ「西成」の全貌!- 後半戦 -

さぁ、いよいよ我々はデスシティの中心部であり、聖地でもある「デスパーク」に突入するに至った。
世界を震撼させるデスシティの実態についに迫る!

西成って意外とHIPHOP

いや、本当にいきなりビックリしたのは
壁一面に美しく描かれたグラフィティだった。
これをこの町のホームレス達が描いたのだろうか?

もしかして実はホームレスってめちゃめちゃ才能に溢れてるんじゃ...!?
そんな事を脳内で横切りながら我々はさらに先へ進んだ。

やたら青いエリア発見

そしてついに発見したやたら青に囲まれた異色のエリア
そこにデスシティーの住民の暮らしの全貌があるはず!
期待感につられ、我々の歩行は自然と速度を増した。

ホームレスが経営...だと?

そう、あろう事か、公園のすぐそばの路地にて、
畳み一枚の広さもない空間を設け「ラーメン屋」を営んでいるのだ。
仕入れなどの実態を探るべく一品を頼みたい所だが、
そんな事よりも公園の中を見たさに今回はスルーをさせて貰った。

い、家がない...だと?

そこには捨てられた家具機材などを組み立て
まるでアニメ「アキラ」で主人公「金田」と幼馴染「てつお」が決闘を演出したガレキの山のごとく、
そこには積み重ねられた机や冷蔵庫、

いわゆる大型ゴミによって固められた何か家代わりにしていた。

アレ?でもこれって違法なんじゃぁ...!?

そう、公園の網にはしっかりと不法投棄は犯罪だと書いてあるが、
どうやら家として利用しているのでゴミ扱いされていないという解釈のようだ。

ゲームセンター発見

第二のデスパークに向かう途中にゲームセンターを発見した。
覗いてみると懐かしい面々の機種の品揃えになっており、
肌恋しく思う中年心を癒してくれるマージャンゲームも多数並べられていた。
その日暮らしのデス住民はここに来ては青春を思いだしては日々の寂しさを紛らわしているのだろうか...

デスパークⅡ

こちらも様子はデスパークⅠとはそんなに違いはなく、
家屋の機材を整理整頓にし、思いやりの気持ちを持って共同生活をしているように見える。

ドアが存在しない家屋の隙間から読書にて我を高めんとする尊い姿が見える。
さきほどのグラフィティといい、こちらの勉強家といい、
やはり我々はホームレスに対して多大なる誤解偏見を持っているだけだったのだろうか...

つ、ついに発見した

こ、これだ!
これを見る為に我々は様々な苦労を乗り越え
ここまでやってきたのだ!

そうだ、お金を舐めてはならない
社会を、仕事を舐めてはならない
失敗をすればあるのはのみ。
我々は勝たなければならない!

勝たなければゴミ!

ゲームセンターⅡ

デスパークⅡを後にし、探索を続けた所ゲームセンターⅡを発見した。
今度は広めの場所で、中年以上の男性がダービースロットゲームなどを楽しんでいる。
ゲームセンターⅠの客層と比べややワンランク上を感じさせる余裕が、遊び手の表情から伺えた。

ほかにも色々面白い

例えば会議室ならぬ「ラーメン室」というのがある。
これはいわゆる給湯室で決まった時間にてお湯を無料で提供してくれている空間なのだ。
あとこのデスシティにてジュエリーを経営している変わり者も存在する。

店の入り口には893にしか見えないコワモテの男性が腕を組んで立っており、
いかなる客の来店も許すまいとする構えを見せている。
何故この店がつぶれないのかは謎である。

大人の店

そう、我々は大人であり、男性なのだ。
と言う訳で我々はデスシティが誇る憩いの場
スナック」に行ってみました。

ここには4000年の国からやってきた男心を魅惑するカタゴト日本語を駆使する美女がおもてなしをしてくれます。
誰も歌わない時は、4歳の天才児の見事な歌声によるショータイムも設けられています。
(子供が勝手に選曲して歌っているだけ、だがリアルに歌が上手かった。)

折角なので料理と少しだけカラオケを我々(私しか歌っていないが)は楽しんだのち、店を後にした。

アニソンBar

帰路についた我々はアニソンBarを発見し、
無類のアニメ好きで知られるミノルさんは興味を示したが、
残念ながら閉店時間10分前だったのでまたの機会という事になった。

まとめ

如何だっただろうか。
まとめると日本をほこるスラム西成は

  • 隠れた芸術の聖地であり
  • 社会を頼らない強者が集い
  • 娯楽に満ちた楽園でもあり
  • 明日なき者にもやさしいラーメン室が存在し
  • のどかで静かな
  • デスシティである

という事です。

もしビジネスにおける生命の危機感を感じたい時は、
日本が誇るのデスシティ「西成」に一度を足を運んでみてはいかがでしょうか?

-@Bigphill, 日記
-, , , , , , , ,