• 世界最高級 コーヒー

【他人事ではない】9割の人がハマる「目的と手段の逆転」

2016/12/20

 

「ダンスが上手くなりたい」という目的を持って
ダンススタジオに足を踏み入れたとします。

すると先生はステップを教えるので
一生懸命ステップを覚えて練習します。

でもその内ダンスが上手くなる事ではなく、
ステップをマスターする事が目的になってしまう事があります。

これが「目的と手段の逆転」です。

これは日常のどこでも頻繁に起きている。

Boşanma-Danışmanlığı

たとえば「幸せな家庭を築く」のが目的であった結婚も、
その為に必要な手段であるお金を稼ぐ事で一生懸命になり、
家族との時間を埋め合わせる事に必死になったり、

お互いを求めすぎたり、
相手への理解を忘れたりします。

結果目的よりも手段を固着するようになり、
破たんします。

何故そんな事が起きてしまうのか?

それは本質を理解していないからです。

9-Essential-Pros-and-Cons-of-Laser-Eye-Surgery

ここでいう本質は目的の事ですが、
中でも目的の核となる事を理解していなければ、
取るべき手段も見定める事ができなくなります。

さっきの結婚の例で言えば「幸せな家庭を築く」の中にある
「幸せ」が核の部分になります。

「幸せ」とは何かを理解していないので、
実際に何をすれば幸せになれるのかが分からないのです。

「幸せ」とは「満たされて安らぎを感じる」なので、
「お互いを大事にし、満たす方法」を「一緒に」探せば
必ず見つかるはずです。

しかし大半の者はそれを探そうとせず、
世に現存する方法にお互いを当てはめようとします。

手段に当てこめば、
目的が達成されると思っているからです。

でも実際は手段は時と場合、状況や条件に応じて
最も適した形に変えていく方が目的は果たされます。

その為にも目的を真に理解する為に、
本質となる核を見極める目が必要となる訳です。

Coming Next...

205198

どうして本質を人は見れなくなってしまったのか?

それにはまず脳の仕組みを少々説明していく必要があります。
次回は「固定概念の正体」

お楽しみにーーーー☆

インポッシブル・シンキング 最新脳科学が教える固定観念を打ち砕く技法
インポッシブル・シンキング 最新脳科学が教える固定観念を打ち砕く技法

-@Bigphill, 哲学
-, , , , , , , ,